2019
ダ・カーポ ただ今、東奔西走

インデックス 広子編へ インデックス まさとし編へ

「令和元年」おめでとうございます!2019


「令和」が皆さんにとって、良い時代となりますよう、心からお祈りいたします。
平成天皇皇后両陛下には、長きに渡って、ひたすら国民に寄り添って下さり、
感謝の気持ちでいっぱいです。
また、令和天皇皇后様には、より活動的に、
そして日本人の心の鑑≠ニなって下さることを切望いたします。

こうして新しい時代を迎えましたが、
私たちダ・カーポは、デビューして45周年≠フ後半に突入します!
そして、目指すは50周年!?
でも、これまで特に目標など立てず、
毎日を一生懸命歌ってきた結果、
今があるのですから、これからも日々、
いい歌を歌ってゆくだけだと思っています。

こうして長く歌い続けてゆけるのも、ひとえに応援して下さる皆様のお陰と感謝しています。
新しい時代も、共に元気で楽しく歩んで行きましょう!
「令和」も、ダ・カーポをよろしくお願い致します。

ダ・カーポ  榊原まさとし
広子

インデックス 広子編へ

〜雄勝の空に鯉のぼり〜2019


石巻市の雄勝に行っていたO医師から、こんな立派なホタテが届きました。
さすが雄勝のホタテ美味しいです!

O医師は全国から集まった鯉のぼりを、雄勝地区の被災地に挙げに行っていたのでした。
桜と青空と鯉のぼり、素敵ですね。
元気が出てきます!
きっと雄勝の皆さんも喜んでいらっしゃったと思います。














毎年、私達も、雄勝ウォークに参加して、歌を歌ってきましたが、
これも先生が繋いでくれた活動でした。
今年は都合がつきませんでしたが、来年こそは鯉のぼりを挙げに行こう!

皆さん!
雄勝の海の幸、美味しいですよ!
是非お出かけを!
(ホタテ以外の写真は、石巻市雄勝地区ファンサイトから)

インデックス まさとし編へ

「裏・昭和史探検」2019


「裏・昭和史探検」という本が朝日新聞出版から発売され話題になっています!
著者は、朝日新聞記者で大衆文化担当編集委員という珍しい肩書きの小泉信一さん。
世の中の摩訶不思議なものや現象を、大衆の目線で追いかけ記事にしてきた方。
この本には、社会の裏事情や下世話な話題、加えて未確認生物や飛行物体にまで及んでいて、
それが実に楽しく嬉しい!



ダ・カーポが取材していただいた記事は、
横浜の都市伝説になっている「横浜マリー」。
(26ページに載ってます)
戦後の横浜で米軍のオンリーさんになり、
米兵が帰ってからは
いつしか街角に立つようになったマリーさん。
僕は高校時代から、伊勢佐木町や西口で出くわしては、その異様な出で立ちと存在感に圧倒されてきました。
不思議なことに横浜の人達は、彼女を疎ましく思いつつも、
横浜の戦後のW影Wの部分を背負ってきてくれた存在として、愛情まで持っていたような気がします。

僕は「横浜マリー」という歌を作り、広子は「赤い靴のマリー」を書いた。
ちょっと紹介させていただきます。


「横浜マリー」 詩・曲 榊原政敏
  海を見つめていた 
  茶色い仔犬抱いて
  チャイナタウンにいた 
  亜麻色に髪染めて
  淋しい時にマリー よく笑う
  嘘がないからマリー ひとりぼっち
  霧の街角で 
  一夜の恋を探した
  ギリシャの船乗りと 
  はしゃいでいるのを見た
  愛がないからマリー 抱かれるの
  自分の心マリー 変えたくて
  マリー誰が名づけたマリー
  横浜マリー
  マリー風の噂じゃマリー
  港のマリー


  「赤い靴のマリー」詩・榊原広子 曲・榊原政敏
    ミス・マリー
    あなたを最初に見かけたのは
    暮れなずんでゆく山下ドック
    ミス・マリー
    ブロンドに髪染めて絹のドレス着て立ち止まる視線に胸を張ってた
    船は出てしまったの遠い昔に
    アメリカ将校との
    ロマンスちぎって消えた
    ミス・マリー
    本当のあなたを誰も知らない
    本牧ベースも 星条旗も夢の跡

インデックス まさとし編へ

東松島市でのダ・カーポコンサート、4月16日からチケット発売です!2019

宮城県東松島市で、
「ダ・カーポコンサート 〜野に咲く花のように〜」が開催されます。

時:6月22日(土) 14時開演
場所:東松島市コミュニティセンター
今年も東北で歌えることを、嬉しく思っています。

共演は男性4人の地元コーラスグループ「ハラハラシンガーズ」!
名前の由来は、歌い出すと聴いてる人がハラハラするからだとか!?
とんでもありません!
清々しいハーモニーは歌う喜びが伝わってくる歌声です。

ダ・カーポが被災地で歌う時の心構えといえば、
「辛かったことや、悲しかったことを忘れて貰おう!」という気持ちで歌うのは勿論ですが、
あからさまに、それを前面には出さないこと。
いつもと同じように、楽しく歌うことが一番だと思っています。

チケットは4月16日(火)から発売されますよ!
お近くの方も、遠方の方も是非お出かけ下さいませ。
東北に、もっともっと元気になってもらいましょう!
お待ちしています。
お問い合わせ 東松島市コミュニティセンター 0225-82-6969

インデックス 広子編へ

榊原広子のNHK−FM「音楽遊覧飛行」、「平成」最後の収録でした2019


NHK−FM榊原広子の「音楽遊覧飛行」。
「平成」最後となる、OA日のお知らせです!
本放送 4月15日(月)〜18日(木) 9:20〜10:00
再放送 4月22日(月)〜25日(木) 16:00〜16:40

写真のカートには、CD、諸々資料、台本、お茶にお菓子に水などなど、収録に必要なものがどっさり!
制作の皆さんのおかげで、この番組があることを証明しているカートです!
有難う、感謝しています。

そして、リスナーの皆さんのお便り、リクエスト、今回も沢山いただきました。
有難うございます!
「令和」になっても、ますます頑張ってまいりますので、よろしくお願いします!
あなたの"心の歌"、お寄せくださいね。

☆ハガキの宛先 〒150-8001「NHK-FM 音楽遊覧飛行〜榊原広子の係」
☆メール nhk.jp/yuran















インデックス まさとし編へ

函館市芸術ホールで開催された「ダ・カーポデビュー45周年コンサート」2019

函館市芸術ホールで開催された「ダ・カーポデビュー45周年コンサート」
盛況のうちに終演!

函館音楽鑑賞協会のステージは10年ぶり!
その時にいらしていた方々も多く、
こうして、皆さんと一緒に歳を重ねて来たんだなあ!と感慨深いものがありました。

去年、デビュー45年のお知らせを内外にしたところ、
いの一番に「コンサートやります!」と手を挙げてくれたのが函館音鑑!
道産子の気風の良さ!嬉しいネ!

当日の演奏メニューは、函館に縁の深い「赤い靴」や、オリジナルの「北のふるさと」、
そして「宗谷岬」他全20曲。
ダ・カーポは実にいろいろな歌を歌って来ましたから、いつも苦労する選曲。
オリジナルを始め、童謡・抒情歌、世界の名歌、「地球へ」を始めとするアニソン、TVや映画の主題歌、そしてヒット曲などなど。
当日もいろいろな種類のCDが用意されたようですが、おかげ様でダ・カーポのCDは完売!
有難うございました。
















そうそう、北海道は日本で一番花粉が少ないところとか。
もともと、杉の木はなかったそうですし、やっぱり広々とした空の下、空気は爽やか。
花粉症のメンバーも、快適そうでした!




打ち上げはお寿司屋さんでした。
45年も全国各地を旅して地元料理を食べて来ましたが、
函館の寿司は五本の指に入りました!
(実はダ・カーポはB級グルメ派で、
いつも高級なものを食べてる訳ではありません)
今日の本番前は、舞台の袖で、
「終わったら、寿司!寿司!寿司ー!」
と叫んでました。




函館からの飛行機出発までの時間、函館港にある「赤い靴の少女像」を見に行ってきました。
横浜の山下公園にある像は座っていますが、
こちらは、まるでこれからアメリカに旅に出るかのような立ち姿。
どこか寂しげです。

野口雨情は実在した少女「きみちゃん」をモデルに「赤い靴」を書いたと言われています。
函館で母と別れてアメリカ人宣教師に引き取られ、その後東京の施設で暮らし、まもなく亡くなったというせつない話が残っています。
歌には♪横浜の波止場から〜と歌われていますが、舞台は函館、アメリカへは渡れなかったようですね。
















「赤い靴」はダ・カーポがデビュー以前から歌ってきた歌。
今回は、お墓まいりと言うわけではありませんが、きみちゃんに「昨日のコンサートでも歌ったよ」とご挨拶に来たという訳です。

インデックス 広子編へ

〜FM放送、開始50周年!〜2019

いつもNHK−FM『榊原広子の「音楽遊覧飛行」』を聴いていただき、
ありがとうございます。

今年はなんと!FMの放送が開始されて50年なんだそうです!
知らなかった。
そこで、ポスター用に耳の写真を撮ることに!
デビューして45年になりますが、耳だけを撮られるのは流石に初めて!
なんだか変な感じ。
どうせ顔は写らないんだし、笑顔じゃなくてもいいんでしょ?
と思っていたら大間違い。
ちゃんと耳にも表情が出るんですって!
ですからこの耳、笑ってます!
各FM番組のパーソナリティの耳ばかりを並べたポスターって!?
なんだか、妙にインパクトありますよ!
不思議なポスターです。
町の何処かで見かけたら私の耳、見つけてみて下さいね。













「音楽遊覧飛行」、これからもいい番組にしてゆきたいと思っています。
皆さんの耳≠ノ喜んで貰えますように!
そして、沢山のお便り、リクエストお待ちしております。

※NHK-FM 放送開始50周年特別サイトの榊原広子(ダ・カーポ)さんが語る「私にとってのラジオとは?」も、是非ご覧ください。

インデックス 広子編へ

第35回 障害者のための〜ふれあいコンサート〜2019


新宿文化センター(大ホール)でのコンサート、
沢山の皆様にお越しいただきました。

このホール、クラシックホールとしても有名ですが、
「柔らかく、しなやかに」をモットーにしている
ダ・カーポにはピッタリの響きでした!

2部では東京都交響楽団の素晴らしい演奏!
団員の中には知り合いの方も沢山いたりして。
この出会いも、ダ・カーポが長い間、
音楽生活をして来たからこそなんだ!と改めて感じました。
(なんと、娘と中学の同級生も!)







「今、夫婦デュオとして45周年を迎えていますが、
50周年を目指そうかな!」というトークに、
客席から「ギネス!ギネス!」という声も!
逆にこちらが元気とやる気を頂いてしまいました。
頑張るぞー!
皆さん、有り難うございました!

インデックス まさとし編へ

「ダ・カーポスプリングコンサート in 東大阪市ドリーム21」2019



東大阪市での「ダ・カーポスプリングコンサート 〜野に咲く花のように〜」、
無事終演!
後ろ姿のステージ写真は、僕のギターと広子のハーモニカで「赤い靴」を歌っているところ。
ダ・カーポの原点かな。

遠く和歌山、神戸、奈良からも、来てくださった皆さん!
有り難うございました。
嬉しかったです!
(FB友達のOさんも!)





また、主催の「ドリーム21」の皆さんに
温かく迎えていただき感謝です。
手作り感満載のコンサート、
大阪の方々の人情に浸れた2日間でした。




コンサート前日に繰り出したのは、4キロも続くという大阪天神橋商店街。
ほとんど食べ物屋。
大阪の商店街最高!
身体にいいという胡麻づくしの料理をいただき、体調も絶好調!
「大阪は人も食べ物も、なんか人情味溢れているんだなぁ」(裸の大将風に〜)












インデックス まさとし編へ

「都道府県愛着度ランキング」2019


先日、ある統計会社が、「都道府県愛着度ランキング」を発表しました。
 1位 北海道
 2位 京都
 3位 沖縄
という最もな順位。

その記事の中に、"北関東3県の呪縛から抜け出した「栃木県」"の見出しが!
呪縛ってなに?と思いつつも、読み進めると、前年の28位から16位に躍進とのこと!
広子も僕もなんとなく「してやったり!」という気持ちになりました。

ダ・カーポは、栃木県人なら誰でも歌えるという「栃木県民歌」をレコーディングして、
もう30年も歌っています。
学校や役所、放送局の放送開始と終了時に流れたり、かなり頻繁に町に流れているのです。
Bリーグのブレックスの試合の時、コートの中央で生歌を歌わせていただきましたが、
選手も観客も一体となって歌う姿に感動したものです!
福田知事にお会いした折、"県人の愛郷心が一つになってほしい"という政策のもと、
一回でも多く歌って下さい!とのお達しも。

また、広子の故郷、「佐野市歌」もダ・カーポが歌っていて、作曲した僕が言うのもなんですがとてもい〜い歌です。
この歌も、もっと佐野市民が歌えるようになればと思っています。

栃木県を盛り上げているのは、宇都宮餃子や佐野ラーメンだけじゃありません!
ダ・カーポの歌もしっかり貢献してるんだ!と言いたかったのでした。

インデックス 広子編へ

大船教会でのコンサート、無事終了!2019



神奈川県は大船教会でのコンサートでした。
東日本大震災から8年
「鎮魂と希望」〜思いを伝えたい〜

コンサート会場の教会は、満席も満席!
私達と最前列のお客様とは1メートルもありませんでした!
近い!
嬉しいけどやりにくいよー!
恥ずかしいよー!でした。
でも「花は咲く」では、皆さん涙でした。

主催の高瀬みどりさんは、
フリーのタレントアナウンサーで、フルマラソンを走る方。
そんな彼女からW継続は力なりWを、改めて教えていただきました。
これからもこのコンサートが続くように願っています。

お越しいただいた皆様、募金をしてくださった皆様、有り難うございました!













インデックス まさとし編へ

〜軽井沢大賀ホールでコンサートを行なって来ました〜2019


大賀ホールは、音楽家なら誰でも一回はステージに立ってみたい憧れのクラシックホール。


内壁は軽井沢産のカラマツが使われていて、
温もりのある素晴らしい音響。
また、クラシックホールで
これほどの綺麗な照明は初めてでした。


メンバーはピアノ、ギター、フルート、チェロ、
パーカッションと、全て生楽器の編成。
麻理子のフルートソロは、
ホールの響きを活かしてノーマイクでした。
そして、天井から降ってくるような皆さんの拍手の音。
これは、ステージに立つ者の役得でしょうか。
一番幸せを感じる時間です。


東京、横浜からもファンクラブの皆さんが
足を運んで下さり感謝です!

45年間の音楽生活でも冬の軽井沢は初めて。
本当に凛とした、
透き通った空気に包まれていました。














インデックス 広子編へ

榊原広子の「音楽遊覧飛行」(NHK−FM)、2月のOA日です!2019

榊原広子の「音楽遊覧飛行」(NHK−FM)、2月のOAのお知らせです。
本放送 2月28日(月)〜21日(木) いずれも  9時20分〜10時
再放送 2月25日(月)〜28日(木) いずれも 16時〜16時40分



今回からW広子のこの一曲!Wの新コーナーが木曜日に企画されました。
私の想い出の曲、思い入れがある曲、
影響を受けた曲などなど、お届けして行きたいと思います。
評判が良ければ!?(笑)続けていきたいと思いますので、
皆さんのご感想など、是非聞かせて下さいね。


さて、写真の一番初めに写っているポットには、温かい「チャイ」が入っているんですよ。
1日4本の収録をしていますが、収録の合間には必ず飲んでいます。
胃に優しく、甘味とシナモンが脳をリラックスさせ活発にしてくれます!
収録になくてはならない物のひとつですね。














今回も沢山のお便りリクエスト、
有り難うございました。
いつまでも
この番組が続きますように!
というお便りには本当に嬉しさが込み上げますね。
Wラジオはスタジオから遠く空を飛んで、いつもあなたのそばにいますW 
そんな番組にしてゆきたいと思っています。
これからも「音楽遊覧飛行」聴いて下さいませ。

インデックス 広子編へ

東大和市「みんなの会」支援コンサート2019


2月3日の節分は、東京都東大和市でのチャリティーコンサートでした。
ハミングホールは満席のお客様!
作業所新設の支援の為にお越しいただいた皆さん。
暖かな気持ちをお持ちの皆さんの拍手は、やっぱり暖かかった!
ロビーには、草野仁さんからのお花も!


























実は、この日のコンサートにリクエストがあり歌った歌があります。
30年ほど前に作った「扉のむこうに」という歌。
利用者の方の詩に私が補作、政敏が曲をつけました。

     ちょっと詩をご紹介。
     
     「扉のむこうに」
     小さな窓から飛ばした
     真っ白な紙飛行機
     ひとりぼっちの僕の夢は
     大空を高く飛んだ
        風の五線紙に乗って
        歌ってる紙飛行機
        悲しい歌じゃ翼が濡れる
        愛の歌高く響け
     ほんのすこしでいい 
     勇気を出して
     心の扉開けよう
     出会いが始まるだろう

これまでずっと作業所で、歌い継いで来て下さったそうです。
ありがとうございました!

インデックス 広子編へ

軽井沢大賀ホール「ダ・カーポコンサート」2019


2月9日(土)は軽井沢の大賀ホールでコンサートを行います。
大賀ホールは、音楽家なら誰でも一度は舞台に立ってみたい憧れのクラシックホールです。

おかげ様で、チケットは早々に完売とのこと。
嬉しいですね!
急遽、2階の横席と立ち見席を追加販売しているところです。
冬の軽井沢は初めてですが、透き通った凛とした世界の中で歌うのを、今から楽しみにしています。

先日、ファンクラブのある女性から電話がありました。
持病の心臓の手術をして、退院したという報告でした。
でも、術後の経過があまり順調ではなく、毎日寒気に襲われているとのこと。
全身の血管の壁が傷ついているという状態だそうで、辛そうでした。

それでも、軽井沢のコンサートには絶対に行くとのこと。
でも、体調第一にして欲しいです。
素敵な場所に行って、ダカーポの歌を聞ければいいと言っていただき、歌手冥利に尽きますが・・・。

「これからは、自分の好きなことだけしたい!」という気持ちは私にもよく分かります。
これまで沢山の雨風に耐えて歳を重ねて来たのですから、この辺でこれからの日々を大いに楽しむべきだと思います。

ダ・カーポと一緒に歳を重ねて来た皆さん!
これからは、それなりに頑張ればいいのだ!
そして、軽井沢には体調に気をつけて来て下さいね!

インデックス まさとし編へ

「大震災から8年 鎮魂と希望 〜思いを伝えたい〜」2019



大震災から8年。
鎮魂と希望 〜思いを伝えたい〜 というコンサート。
第2部に出演します!

こんなタイトルを知ったら、歌わない訳にはいきません。
私達も被災地に思いを伝え続けることが大切だと思っています。

何故なら、私たち自身が、東北を、あの大震災の記憶を薄れさせてはいけないからです。
地震列島に住む私達、
"明日は我が身"という心構えを持って生きていかなければいけないのだろうと思います。
そして、あの時の、人と人との絆がどれほど大事だったか。

高校時代、学校に行くための乗換駅だった大船。
となり町の教会でのコンサート、定員は130名です。
チケットはお早めに!



インデックス 広子編へ

「ダ・カーポ 心にひびくハーモニー」2019


春が待ち遠しい今日この頃です。
コンサート告知をさせていただきます。

東京都東大和市のコンサートのタイトルは
〜新施設建設のために〜「ダ・カーポ心にひびくハーモニー」

下記の歌は30年?ほど前に作った歌。
  「扉のむこうに」
  小さな窓から飛ばした
  真っ白な紙ヒコーキ
  ひとりぼっちの  僕の夢は
  大空を高く飛んだ
        風の五線紙に乗って
        歌ってる紙ヒコーキ
        悲しい歌じゃ翼が濡れる
        愛の歌高くひびけ
  ほんの少しでいい   勇気を出して
  心の扉あけよう
  出会いが始まるだろう

     僕らに優しい町は
     皆んなに優しい町さ
     花を育てる春の光は
     誰にでもふりそそぐよ
  ほんの少しででいい   勇気を出して
  心を伝えあおうよ
  笑顔が広がるだろう

  ラララ・・・ラララ・・・
  心の扉あけよう
  出会いが始まるだろう

この歌は共作連(共同作業所全国連絡会)の依頼を受けて作った歌です。
共作連は、障がいがある人達が、「当たり前に働き、えらべる暮らしを〜」をスローガンとして活動している団体。
作業所関係者が作った詩に、私が補作し政敏が曲をつけました。

今回のコンサートでリクエストをいただき、本当に久しぶりに歌うことに!
ただ今、練習中!
でも、自分で言うのもなんですが、結構いい歌です!

当日は、「結婚するって本当ですか」「宗谷岬」「野に咲く花のように」などのヒット曲を始め、童謡や抒情歌なども歌いますよ。
この日の為にフルーティストの娘の麻理子もパリから帰国し、参加させていただきます。

皆様、2月3日の節分にはダ・カーポコンサートにお出掛け下さい。
豆まきはありませんが、W心にひびく歌Wで鬼退治をしたいと思います!

インデックス 広子編へ

「音楽遊覧飛行」のW収録はじめWでした!2019




NHK−FM「音楽遊覧飛行」、今年のW収録はじめWでした!
沢山の年賀状、リクエスト、ありがとうございます。
今年もよろしくお願い致します。


朝食の後のティータイムで、通勤中の車の中で、
金婚式を迎えたご夫婦、一人暮らしの方や入院中の方。
今年もリスナーの皆さんに寄り添って行ける
番組でありたいと思っています。



政敏も同行し、番組ディレクターさんや、制作スタッフの皆さんとパチリ!
また、コロムビアレコードのMさんもご挨拶に!
お年賀は、社名と、キャラクターのコロちゃんマークが入った瓦煎餅。
これがサクサクとしていて美味(^o^)
楽しい収録になりました!



OAは本放送 
 1月21日(月)〜24日(木)
 9:20〜10:00
再放送
 1月28日(月)〜31日(木)
 16:00〜16:40

皆様!
今年も沢山のお便り、リクエスト、
お待ちしています!


インデックス 広子編へ インデックス まさとし編へ

明けましておめでとうございます!2019


この一年が皆様にとって、幸多き年となりますよう、心からお祈り申し上げます。

ダ・カーポは只今、デビュー45周年!
今年5月からは、新しい年号になりますが、
昭和、平成と3つの時代に架けて歌えることを大変幸せに思っております。

猪のようにはいきませんが、ダ・カーポ今年も前進≠オます。
どうぞよろしくお願い致します。

平成三十一年 元旦 
ダ・カーポ  榊原まさとし
広子
このページの先頭へ▲