榊原麻理子News
    ※テレビ、ラジオの放送日・時間などは変更になることがありますので、予め新聞などでご確認ください。
  • ダ・カーポコンサート2017

     ※榊原麻理子出演
      ファースト・ソロ・アルバム「Mariko」より、「チャールダーシュ」、「とおりゃんせ」など御披露します。
    日時:
    2017年1月23日(月) 開演14:00、18:30
    会場:
    (埼玉県)所沢市民文化センター ミューズ
    お問合先:
    所沢労音 tel/04-2968-5239
  • 榊原麻理子 帰国ライブ from Paris

    日時:
    2017年1月26日(木) OPEN 19:00 @20:00〜20:40 A21:00〜21:40
    会場:
    (東京都)六本木softwind (港区六本木4-10-8 六本木パーレットビル6F)
    出演:
    榊原麻理子(フルート)、加畑 嶺(ピアノ)
    料金:
    ミュージックチャージ3,500円+ご飲食代(税別)
    お問合先:
    六本木softwind tel/03-6808-7337
  • 創遊・楽落らいぶ Vol.37 −音楽家と落語家のコラボレーションー

    日時:
    2017年3月3日(金) 開演11:00(開場10:30)
    会場:
    東京文化会館 小ホール (JR上野駅公園口前)
    出演:
    春風亭愛橋(落語)、三宅一徳(作・編曲/ピアノ)、榊原麻理子(フルート)、三宅礼子(筝)、藤井黎元(津軽三味線)
    料金:
    全席自由 500円
    お申込先:
    東京文化会館チケットサービス tel/03-5685-0650 、イープラス
  • 榊原麻理子 ファースト・ソロ・アルバム「Mariko」

    榊原麻理子 ファースト・ソロ・アルバム「Mariko」

    フルート・インストゥルメンタルの榊原麻理子ファースト・ソロ・アルバム。
    クラシックをベースに、現代的なアレンジで日本のわらべ歌やアニメ主題歌、さらにサティやバッハの名曲をボッサやフュージョン風にアレンジ。 またピアノとチェロをメインに、曲によりギター、そして琴や津軽三味線などの和楽器を効果的に配した意欲作。

    ≪収録曲目≫
     1 チャールダーシュ(モンティ)
     2 花(宮下秀冽)
     3 春の海(宮城道雄)
     4 フルート・ソナタ ホ短調 BWV1034より アダージョ・マ・ノン・タント(J.S.バッハ)
     5 フルートとジャズ・ピアノのための組曲より バロック・アンド・ブルー(ボリング)
     6 ジュ・トゥ・ヴ(サティ)
     7 シリンクス(ドビュッシー)
     8 とおりゃんせ(わらべ歌)
     9 フルート・ソナタ Op.125より 第1楽章 アレグレット(カプースチン)
    10 風の通り道(久石譲)

    制 作:日本コロムビア株式会社
    発売日:9月1日
    定 価:2,800+税

    CD「Mariko」は郵便振替でもお申込みいただけます
    1. 口座番号:00250=1=76212
      加入者名:ダ・カーポファンクラブ
      (用紙は郵便局に備え付けられています)

      CD代(税込3024円)に送料を足した金額をお振込みください(送料はCD1枚の場合200円、2枚以上の場合は360円です)。
      (CDを1枚ご希望の場合、CD代3024円+送料200円=合計3,224円です)

    2. 通信欄に必ずCD「Mariko」とご希望枚数を明記し、ご依頼人の欄に、ご住所、お名前、お電話番号を記入してください。
    3. お問合せは、ダ・カーポ音楽事務所 tel/045-820-1838まで
    CD「Mariko」がAmazonでも、お申込みいただけるようになりました。

    アルバム「Mariko」がiTunes Storeからダウンロード、試聴していただけるようになりました。




インデックス麻理子編へ

「榊原麻理子ソロアルバム「Mariko」完成!!! 」2016

CD「Mariko」麻理子です。
ただいま一時帰国中です!
日本の夏、暑いですね〜。 

この夏は私にとっていつもより熱い夏になりました。
3年間の留学の集大成としてのクラシック、 和楽器とのコラボ、
日本のわらべ唄など全10曲を収録したCDアルバム「Mariko」が9月1日に発売 されます! 

企画の立ち上がりが春。CD「Mariko」
それからたくさんの方のお力添えとアドバイスをいただきながら、
日本 とフランスで連絡を取り合いながら進めていきました。
 日本とフランスの時差は7時間(冬は8時間)。
日本で会議中の電話を起き抜けで取るというよう な調子でした。 

1番の課題は何をコンセプトにするか。 
3年間パリに住んでいると、おのずと日本を外側から見ることができて、
日本文化の繊細さ、素晴 らしさを再発見したことにヒントを得て、
このCDは日本とフランス(西洋音楽)の架け橋にした いという思いに至りました。 
チャールダーシュをお箏、津軽三味線を加えた和風バージョンで演奏したり、
バッハのフルートソ ナタをジャズ&フュージョンのアレンジにチャレンジしたり、
一見邪道と思われそうな、ジャンル レスなプログラムですが、
一聴の価値ある一枚になったと自負しております。 

そしてこのアルバムを引っさげたコンサートも9月に4カ所やらせていただくことになりました。 
ホームグラウンドとも言える横浜山手のイギリス館を皮切りに、静岡、宇都宮、佐野市と続きます。 
この暑さの厳しい夏に、パリの風をお届けします。 
お会いできるのを楽しみにしております。

CD「Mariko」CD「Mariko」CD「Mariko」












このページの先頭へ▲